石油業界の再編について

私の友人に、出光興産という石油元売り会社で働いている方がいます。
その出光興産は、今年になって昭和シェル石油と経営統合するはずだった事に対して創業家が反対表明を行ったとの事で、大混乱に陥っているようです。

その反対理由は、報道によると、社風の違い、を挙げているようです。
ですので、実際に社風についてはどうなのか、出光で働く友人に聞いてみたところ、「確かに出光は家族主義の社風で、ほかの会社とは異なる部分はあると思う。
けれど、それは他の会社と一緒になって働く事ができないという事では無いし、実際に多くの社員が今回の経営統合について前向きに捉えている」との回答でした。

話によると、今の石油元売り業界はガソリン需要の低迷で非常に苦しい状態で、このまま単独でいくと皆共倒れになってしまう、というのが共通認識のようです。
そういった現状であるにも関わらず、社員もそれほど問題とは考えていない社風などを理由に挙げて、経営統合に反対している創業家という方々は、ちょっとどうなのかな、と思ってしまいました。